更新日:

隠す体から魅せる体へ!女性向け筋トレグッズ7選

バランスボールでクランチをする女性

最近、わがままボディに拍車がかかってきたな…あれ?こんなところにお肉ついてたっけ、あれ??昨年入ってたズボンが入らない。まずい、筋トレしよう!と筋トレスイッチがオンに切り替わったものの、どんな風に鍛えれば夢の6パックが手に入るのか、途方に暮れている方は少なくないはず。

そんな筋トレを始めようとしている方、筋トレ初心者の方、女性でも扱えるおすすめしたい筋トレグッズをご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

1.ダンベル

ダンベル
出典:Amazon

まず最初におすすめしたいのは、ダンベルを使った筋トレです。

自宅でもジムさながらの筋トレメニューを行えるのがダンベルの魅力のうちの一つですが、様々なエクササイズに使用することができ、ほとんどのトレーニングを自宅でコンプリート出来てしまうといった点です。

特に上半身の筋トレを行うことで、自然と美しい姿勢をキープするための筋肉が鍛えられるため、出来る男・美しい女性を背中から演出することが出来ます。

さらに正しい姿勢を維持することで、疲れにくい体・老化防止と言った効果も同時に得られるため、一番にオススメしたい筋トレグッズとなります。

また、一口でダンベルと言っても様々な形状や種類が存在し、固定式かどうか、負荷調整が出来るもの、プレートが丸いもの・六角形のもの、球体に取ってがついたようなものが存在します。

初めから持ち上げられない重さのダンベルを購入しても筋肉を傷めてしまったり、落下させてしまう可能性も十分ありますので、最初は少し軽めのものから挑戦してみましょう。軽いものでも十分負荷は与えられますし、無理をしないのが一番です。

参考動画

2.アンクルウェイト

NIKE(ナイキ) (NIFZ9) アンクル ウェイト
出典:Amazon

アンクルウェイトとは、その名の通り足首に巻き付けるおもりです。

様々な使用方法、トレーニング方法が存在しますが、メインは巻いて歩くだけ。ただそれだけです(笑)。

そもそもアンクルウェイトは足を上げるとき、ふくらはぎに負荷がかかるようにできており、普通にウォーキングしたりランニングしているだけでいつも以上の負荷をかけることが出来るのです。

ウォーキングだけで筋力をアップさせることは時間がかかりますが、アンクルウェイトを装着すれば最短で運動効果が表れてくれるため、筋トレに時間をかけている暇がない方にはおすすめです。

ただし、いくら効果が表れてくれるからと言って、長時間+いろんなエクササイズに用いるのは危険です。要は筋トレのし過ぎで筋や腱を痛めてしまうことが十分に考えられるため、少しでも足を痛めている場合の利用は控えておきましょう。

参考動画

3.腹筋ローラー

Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー
出典:Amazon

テレビや雑誌などでも紹介されている腹筋ローラー、お腹を引き締めたい・うっすら縦に線がほしいと言った女子に大人気のグッズですよね。

中には立った状態から腹筋ローラーを始める方もいらっしゃいますが、初心者や女性の場合は膝をついた状態からでも全然OKです。

ただ転がすだけでしょ?と余裕な表情を見せている方でも、3回真面目にやると悲鳴を上げるほどの効果がありますし、スラリとしたお腹を目指すのであればとてもオススメです。

3日続けばそれだけで目に見える効果が表れますし、あまり長続きしない方でもこれなら続けられるかもしれませんね。

参考動画

4.バランスボール

Active Winner バランスボール 65cm ポンプ付き!
出典:Amazon

スポーツジムの隅に置いてある巨大なボール、バランスボール。ただの嵩を取る丸いボールだと思っていれば、それは大間違いです。

球体と言うことでバランス感は非常に悪く、ボールの上で同じ状態をキープしようと思えば自分が踏ん張らなければなりません(笑)。
つまり、バランスボールは主に体幹トレーニングなどで使用されており、体幹を鍛えることで腹筋や背筋、骨盤周りの筋肉アップが実現します。

また、バランスボールをおすすめする理由として、用途が非常に多いという点が挙げられます。ただボールの上に座って体幹を鍛えるだけでも十分に効果は得られますし、ボールクランチと言ってボールの上で腹筋することもできます。

他にもボールヒップレイズと言って、足だけをバランスボールの上に乗せ、腹筋に力を入れながら腰とお尻を持ち上げ、ヒップアップする方法もあります。他にもまだまだバランスボールを使ったトレーニングが存在するため、自宅でゆる~く筋トレしたい方にはオススメです。

参考動画

5.グリッドフォームローラー

グリッドフォームローラーオレンジ
出典:Amazon

最近、テレビやメディアで取り上げられるようになった筋膜リリース(解放)。このグリッドフォームローラーによって筋力がアップするというわけではないのですが、筋トレなどによって酷使された体をケアする際に大活躍する万能筋トレグッズなのです。

見た目は太めの少しゴツゴツした筒のようなもので、使用方法は体の痛い部分に押し当て、ゆっくりと転がす。以上です。

では何故このグリッドフォームローラーが優れているかと言うと、筋膜(筋肉を覆っている薄い膜)が硬くなってしまうと、筋肉の機能不全を起こす原因となってしまい、別の筋肉までに影響を及ぼす可能性があるためです。

それを防ぐために筋肉中の固まった部分へローラーを押し当て、ゆっくり圧をかけて硬くなってしまった筋膜を緩めてあげるのです。

サイズはロング・ミドル・ミニと存在するため、使用箇所に合わせてお使いいただくのが一番ですね。

参考動画

6.プッシュアップバー

SINTEX(シンテックス) プッシュアップバー
出典:Amaozn

続いてプッシュアップバーのご紹介です。プッシュアップバーの名前だけではあまり想像し辛いのですが、仕組みとしては腕立て伏せと同じようにアップダウンを行う筋トレグッズになります。

また、プッシュアップバーの効果は次の3点が挙げられます。

  1. 筋肉の可動域が広がる
  2. 筋肉へ高い負荷がかけられる
  3. 効果的に筋肉へ刺激を与えられる

筋肉の可動域が広がるとはどういうことかと言うと、内側(大胸筋)だけでなく、外側の胸筋まで幅広く刺激できるため、今までの腕立て伏せやアップライトローイングで鍛えられなかった筋肉が鍛えられます。

また、プッシュアップバーを使用することで両手よりも低く上体を下げられるため、通常の腕立て伏せとは異なる強い負荷を、より効果的に与えることが出来るのです。

強靭な大胸筋を手に入れ、胸板を厚く、ごつくしたい方は是非挑戦してみてください。

参考動画

7.トレーニングチューブ

Patech フィットネスチューブ トレーニングチューブ
出典:Amazon

トレーニングチューブ?はい、その名の通りチューブです(笑)。

ただしホームセンタなどで売っている普通のチューブと違うところは、このチューブ一つでありとあらゆる筋肉を鍛えられるということです。

ではどのようにしてチューブを使って筋トレを行うのかと言うと、チューブの伸縮性を活かし、普段、伸ばし辛い深層部の筋肉へアプローチし、インナーマッスルを鍛える際に大活躍してくれます。さらに、ダンベルと異なり、伸ばしている最中はずっと負荷が抜けないという特徴を活かした追い込みが出来るため、M気質の方には向いているトレーニンググッズかもしれません(笑)。

参考動画

最後に

上記の筋トレグッズと併せてどうしてもお伝えしたいのがプロテインの存在です。

プロテインはアスリートの方やスポーツ選手が積極的に取り入れているイメージがありますが、プロテインは筋力増量に必要不可欠なタンパク質を多く含んでいるため、筋トレには欠かせないアイテムの一つなのです。

また、飲むタイミングはゴールデンタイムと呼ばれている筋トレ後30分以内に飲むのが最も効果的と言われているため、トレーニング後の貴重な時間は逃さないようにしましょう。

さらに、一言でプロテインと言っても様々な種類が存在し、ホエイプロテイン・ソイプロテイン・カゼインプロテイン・ホエイとカゼインをミックスしたタイプのプロテインがあります。
目的によって種類が異なりますが、一般的に体を引き締めたいという場合はホエイプロテインで十分補うことが出来るので、筋トレと合わせて調べてみるのも良いかもしれませんね。こんな風に様々なプロテインなども上手く利用して、素敵な体を自分の力で手に入れてみてくださいね!

ページトップへ戻る