更新日:

筋トレ中の食事に適したコンビニ食材9選【高たんぱく低カロリーが鍵】

コンビニで買物をする女性

日用雑貨からアイスクリームまで商品の種類は多種多様なコンビ二。その便利さから朝食、昼食、夜食のどれかを簡単にコンビニですませてしまう人も多いかと思います。

しかし、栄養価を考慮して食事を購入する方は少なく、健康面ではあまりオススメされるものではありません。

そんなコンビニの食材ですが、しっかりと栄養面を考慮して組み合わせれば健康面に特化した食事を摂ることができます。

その中でも今回は「筋トレ中」の食事に適しているとされるコンビニの食材を、栄養素や理由も含めてご紹介します。

スポンサーリンク

筋トレに適しているとされている条件

はじめに筋トレをしている人にとって、どんな食事が望ましいかを理解しましょう。

たんぱく質が豊富な食材であること

たんぱく質を含む食べもの

筋トレとは切っても切れない栄養素、それがたんぱく質。

プロテインなどは筋トレをしている人がよく摂取していますが、目的はたんぱく質の摂取とされています。

ですがコンビニにはプロテインが無いため、その他食事から摂取する必要があります。

主にたんぱく質が多く含まれている食材としては、鳥肉、魚、卵とされていますので、これらが多く、且つ程よく含まれる商品を選定しました。

炭水化物でエネルギーを摂取

炭水化物

炭水化物とは、体を動かすのに必要不可欠な栄養素です。

最近「炭水化物ダイエット」というのが流行しておりますが、必要なエネルギーを摂取しないのはあまりオススメできません。

また炭水化物にはビタミンの摂取にも役立っているため、筋肉の良質な発達をサポートしてくれます。

コンビニでも炭水化物がふくまれる食材は多くみられるので、今回はその中でも効率よく炭水化物が摂取できるものを選定しました。

どこのコンビニでも購入できる「水」

人間の体は約60パーセントの水分で構成されています。

もし、筋トレの最中に水の摂取を怠ってしまった場合、筋力の低下、痙攣、疲労感といった症状が現れる危険があります。また、体内の老廃物を効率よく出してくれるので新陳代謝の向上も。

どんなに健康的な食事をしていても、水を取らなければその効果をうまく活用する事ができません。

筋トレには硬水を賢く摂取しよう

水分補給

軟水と硬水の違いは、ミネラルの量にあります。

ミネラルが高いものを硬水、低いものが軟水と呼ばれており、筋トレ中などはミネラルが多く含まれる硬水を選ぶといいでしょう。

ただ、あまり一気に摂取してしまうと腹痛の原因になる恐れがありますので、普段飲んでいる水から、少しづつ硬水へ移行しましょう。

もちろん、コンビニでも硬水が購入できます。(扱っていないコンビニもあるので要注意。)

たんぱく質が豊富に含まれる「鶏肉」を利用したコンビニの食材

鶏の唐揚げ

コンビニには、鶏肉を利用した食材が多く取り扱われております。なかでも筋トレの効果を最大限に引き出してくれる食材をご紹介します。

低脂肪でたんぱく質が多く含まれる「サラダチキン」

あらゆるコンビニで取り扱われているサラダチキンですが、特徴としてはたんぱく質を多く含んでいる鶏肉を効率よく摂取できるところにあります。

価格帯も比較的リーズナブルなものが多く、積極的に購入する事が可能です。

サラダチキンはそのまま食べても美味しいですし、野菜などと組み合わせて簡易的なサラダとしても活用できるため、非常に便利な食材となっています。

また、ひとつのカロリーが100g程度であり、たんぱく質も20~25gと多く含まれるため、筋トレ中の方には非常に強い味方となってくれます。

味は塩味のプレーンと、バジルで味付けされているものがある為、飽き性の方でも楽しんで食事をする事ができるのも特徴。

注意点として、塩分が多く含まれるため、食べすぎは高血圧の原因となってしまいます。

低脂肪でたんぱく質が多く含まれる「スモークチキン」

サラダチキンと並んで同程度の効果が得られる食材がスモークチキン。

ただ、サラダチキンよりは量が少ないため、ひとつでは物足りない可能性もあります。

値段がサラダチキンと同じくらいしますので、費用対効果で考えたらサラダチキンのほうがオススメです。

熱々で美味しいレジ横の「焼き鳥」

焼き鳥

レジ横でよく見られる焼き鳥はたんぱく質を多く含み、比較的低カロリーの為、筋トレ後にはオススメの食材です。

また、多くの方に馴染みがあるので比較的気軽に食事ができます。

コンビニで鶏肉を使った食材を選ぶときの注意点

その他にも鶏肉を使った食材は多くみられますが、慎重に選ぶ必要があります。

特にレジ横にならんでいる揚げ物系は、カロリーが多く含まれる為、控えたほうがよさそうです。

選ぶときはカロリーとたんぱく質のバランスと考えて選びましょう。

炭水化物を効率よく摂取できるコンビニの食材

炭水化物を多く含んでいる食材はコンビニにも多く陳列しています。
これらの中から、カロリーなどを考慮した特にオススメな食材をご紹介致します。

バリエーションも豊富な「おにぎり」

おにぎり

おにぎりは、筋トレ前に摂取して欲しい食材の中でもナンバーワンです。

お米は消化が比較的遅いため、筋トレの最中にエネルギーが切れてしまうのを防いでくれます。
また、味にもバリエーションがあり飽き性の方にもぴったりの食材です。

なかでもオススメなのがもち米を利用したおにぎり。消化が普通のお米よりゆっくりなので、なおオススメです。

まさかパンが低カロリー「ふすまパン」

おにぎりと並んで有名なのが、ふすまパンと呼ばれる食材。

炭水化物を多く含んでおり、さらに程よくたんぱく質も摂取できます。

別名ブランパン。ふすまとは「小麦についている外皮」の事をいいます。

消化面で言えば、おにぎりのほうがゆっくりな為、筋トレ前に摂取する食材としてはおにぎりに軍配が上がります。

果物の王様「バナナ」

新鮮なバナナ

バナナは筋トレをしている人が食べると良い食事として有名です。

バナナには食物繊維が多く含まれており、満腹感を得やすい食事とされております。それにより、食べすぎを防ぐ効果もみられます。

さらに栄養素が豊富で、筋トレに必要なビタミンやミネラルを多く含んでおります。
カリウムも含まれており、筋肉痛を緩和してくれる効果も期待できるバナナは筋トレ中の方には非常にオススメです。

その他筋トレ中にオススメな食事

その他、多方面で筋トレ中の方にオススメな食材をその特徴を含めてご紹介いたします。

ゆで卵

ゆで卵

ゆで卵は冒頭にもでてきた、たんぱく質が豊富な食材のひとつです。

どのコンビニにも置いてあるため、非常に入手しやすいのも特徴です。

また、ビタミンも非常に多く含まれております。
ただカロリーが少々高めなので、摂りすぎには要注意です。

魚肉ソーセージ

魚肉ソーセージ

まとめて購入もできますし、買いだめができるので重宝される食事です。

高タンパク質で脂肪分が少ないのでこちらも大変オススメです。

納豆

納豆

納豆は筋トレに必要なたんぱく質が摂取できる他、食物繊維、ミネラル、ビタミンも含まれているため、健康面でも大活躍な食事です。

どこのコンビニでも手軽に入手できます。

コンビニで買える筋トレ中におすすめの食事まとめ

上で紹介した食材は何処のコンビニでも買えるものが多く、トレーニングの帰り道なんかでも簡単に購入する事ができます。

ただ、どれも摂取のしすぎには注意が必要なものが多く、バランスを考えて組み合わせる事が重要とされています。

たんぱく質、炭水化物、その他ビタミン、ミネラルを効率よく摂取し、理想の体を手に入れましょう。

ページトップへ戻る