1日1食で15キロ痩せた!ダイエットには運動より食事が重要を実証

投稿日: 2018年12月24日

焼肉屋で食事をする男性

「ダイエット」それは誰もが一度は取り組んだことがあるであろう永遠の課題だ。好きなものを好きなだけ食べ、楽をしながら痩せていく方法。そんなものがあれば誰だって苦労しないだろう。現実はそう甘くはない。

私自身も様々なダイエットに取り組んできた1人だ。ジムに通ってみたり、夕飯を野菜にしてみたり… 苦労を重ねた結果「好きなだけ食べ、楽をしながら痩せていく」1日1食ダイエットに辿り着いた。その軌跡を詳細にお伝えします。

痩せなきゃまずい!12キロも増えていた

太ってしまった男性

1番最初にそう感じたのは28歳の頃だった。 自慢ではないが、私はそこまで体重の変動が起こらない。服のサイズはずっとSサイズのままだったし、ウエストだって10代の頃とほとんど変わらなかった。 それに安心しきっていたのか、昔と変わらぬ食生活でずーっと過ごしていた。 朝はしっかりと朝食を食べ、昼間も定食大盛りを食し、夜は仲間と飲みに行く!そりゃあもう食を満喫しきっていた。ある朝、職場の同僚から「最近太った?」と言われるまでは。

忘れもしない28歳の夏の朝。 いつもと変わらず美味しい朝食を食べたあとに出社した私は、始業前の一服を同僚と楽しんでいた。 「こないだから思ってたんだけど、最近太ったんじゃない?」 唐突にそう言われた私は「は?いや、太ってないから!」と必死に否定した。そんなわけはない、自分が太るわけはない、服のサイズだって変わってないし!本気でそう思った。

でも、よくよく考えてみれば前は履きやすかったパンツがパツパツな気がする… ウエストもちょっときつい気もしなくはない… 「クリーニングに出したから縮んちゃったんだ」って思っていたんだけど… モヤモヤしながら帰宅した私は、「私は太らないから!」と何年も放置していた体重計を取り出してみた。 しかしなかなか乗れない。乗ると現実を見てしまう気がする。しかし乗らないと終わらない。 死刑台への1歩を踏み出すような思いで、乗ってみた。

「嘘でしょ…?」思わず声が出た。12キロも増えていたのである。 あのときのことは今でも覚えているが、本当にショックだった。12キロ増えれば見た目も変わる、気付かないわけないのだが、昔の知人とは疎遠になっていたし、指摘する人もいなかった。毎日顔を合わせている同僚もすぐには気付かなかったのだろう。 「痩せなきゃまずい」 ダイエットを決意した瞬間であった。

初めてのジム通い!2年続けたが体重に変化なし

ジムで運動をする男 つい数日前まではなにも気にしていなかった。太らないと思い込んでいたから、いつまでも自分はイケてるんだ、と痛い勘違いをしていた。しかし人間は不思議なものである。12キロという数字を目にしてから、周囲の目線が気になって仕方がない。 みんな私を醜いと思っているんじゃ…そう思えてくる。そうなると、毎朝必死にセットしていた髪の毛も、ちょっと奮発して買ったブランド服も、全てが無駄に思えてくる。

「なんとかして痩せなければ」ダイエット方法を必死に調べてみた。 ネット上にはそりゃあもう夥しい数のダイエット法が記されていた。運動を軸にしたものや、酵素ダイエット、野菜ダイエット、バナナダイエットなど、私にはよく分からないものも多々あった。正直、なにから始めていいのかも分からなかった。

野菜中心の食生活?いや、無理だ。週に1度はラーメンが食べたい。食べ物を変更にしないで痩せる方法はないだろうか…。 考え抜き行き着いた結果、原始的だがジムに通ってみることにした。運動は体によい!誰でも知っている。幸い、家から徒歩圏内にジムを発見した。 思いたったら吉日!その日のうちにトレーニングウェア、スニーカーを購入し、ジムの扉を叩いた。

その日から約2年、ジムに通い詰めた。週3回、1日3時間みっちりとやった。 専門家から言わせると、私の運動は素人丸出しだっただろう。ストレッチもやっていない。 筋トレして走っただけである。それでも頑張った甲斐もあり、結果は出た。明らかに体型が変わった。

ページ: 1 2 3